トップ

不動産の仲介手数料とは

仲介手数料は不動産会社を通じて物件の売買や賃貸の契約を締結した際に支払うお金のことをいいます。このお金はあくまでも成功報酬として業者に支払われるもので、申し込みを行ったものの契約の締結に至らなかった場合や、締結後に契約が取り消しまたは無効となった場合には、業者が請求することはできません。また、金額については宅建業法で規定されており、売買契約の場合では不動産の売買代金、賃貸契約の場合には家賃の月額によってそれぞれ金額の上限が計算され、業者はその上限を超えない範囲で自由に金額を設定することが認められています。

不動産手数料

不動産の仲介手数料について

不動産取引を行っていく課程では仲介手数料がかかることも多くなっています。できるだけ費用を抑えたり上手に活用していくためには、適切な取引をしていく必要があります。業者でも多くの物件をやりとりする上での手数料は高額となってしまうことも珍しくはなく、大きな負担となってしまうことも少なくはありません。不動産取引を行っていく際には、このような費用に対する計算もしっかりと行っていくことが大切です。業者との間でより良い取引を行っていくためにも、手数料に対する考え方を明確に考えていくことが大切となっていきます。

© 不動産で発生する手数料. All rights reserved.